続・夫婦道,あらすじ,第五話

続・夫婦道,あらすじ,第五話のページを説明

スポンサードリンク
新着記事一覧

続・夫婦道,あらすじ,第五話

次女・八夜子(たくませいこ)が無事、女の子の赤ちゃんを出産して一週間が経った。初孫の可愛さにデレデレする康介(武田鉄矢)だったが、同じ年の修造(橋爪功)と山崎(石倉三郎)から一人だけ年寄り扱いされ、憮然となる。

修造と山崎がそれぞれ年若い恋人の典子(杉田かおる)や妻の八夜子と仲睦まじくしている姿を目の当たりにした康介は、より一層自分ひとりだけ年寄りになったような疎外感を感じる。そんな自分の気持ちを払拭しようと、駅前に新しく出来たと評判になっているアイスクリーム店に聡子(高畑淳子)を誘って出かけようとするが、康介のそんな気持ちに気づかない聡子は誘いに乗ってこない。仕方なく、一人アイスクリーム店へと出かける康介だったが、店前で茂(鈴木悠人)の家庭教師である胡桃沢華子(児玉絹世)とばったり遭遇し、華子からの誘いで一緒にアイスを食べることに。その際、華子から素敵だと言われ気を取り直す康介だった。

一方の高鍋家では、聡子がお店の客から、康介が若い女性とデートしていたと聞き驚く。そんな折、聡子は高鍋家に訪れていた大輔から一緒に人気演歌歌手のコンサートに行ってほしいと誘われる。一旦は大輔(田中幸太朗)の誘いを断った聡子だったが、康介からベリーダンス教室に通いだしたことをたしなめられた上に、山崎から康介が若い女の子にうつつをぬかしているらしいとの忠告受け、康介への当てつけにと、大輔と一緒にコンサートに行くことにする。康介は聡子から、若い男の子とデートに行くと告げられ…。

スポンサードリンク

Category 日記

続・夫婦道の続・夫婦道,あらすじ,第五話のリンクについて

続・夫婦道の続・夫婦道,あらすじ,第五話のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。