続・夫婦道,あらすじ,第三話

続・夫婦道,あらすじ,第三話のページを説明

スポンサードリンク
新着記事一覧

続・夫婦道,あらすじ,第三話

康介(武田鉄矢)が長女の夏萌(山崎静代)の離婚を認め、高鍋家の中がひとまずほっとしたのも束の間。今度は次女の八夜子(たくませいこ)が、「お腹の子は高鍋家で生み、その上、嫁ぎ先の高松には帰らない」と言い出し、康介を唖然とさせる。高松で隣に住む山崎(石倉三郎)の兄嫁が日頃から自分をイビる上に、産まれてくる八夜子と山崎の子を、子供のいない兄嫁が横取りしようとしているというのだ。そこで八夜子は、自分が高鍋家に居座ることを上手く聡子(高畑淳子)に説得して欲しいと康介に懇願する。

聡子自身が嫁姑問題で苦労し、娘たちに「お嫁に行ったら簡単に実家を頼りにしちゃダメ!」と言っているのを耳にしている康介は、聡子に対して嫁姑問題がいちばん厄介な話題だと困惑しきり。聡子を説得するのが難しいと考えた康介は、とりあえず山崎に高松へ戻り、兄嫁に八夜子へのイビリを止め、産まれてくる子供のことにも口を出さないとの念書をもらってくるよう言いつける。康介の命を受けた山崎は、八夜子や聡子に所用で一泊出掛けると言い、高松へと出かけていった。康介と山崎のやり取りを知らない八夜子は、早く聡子に話すよう康介を急かすのだが、康介はなかなか聡子に八夜子のことを切り出せない。

その一方、隣人の修造(橋詰功)も恋人の典子(杉田かおる)から自分を恋人として周囲に紹介するよう詰め寄られ、ようやく嫁である若葉(本仮屋ユイカ)に典子を引き合わせるが、そこに康介や聡子ら高鍋家も集まってきてしまい…。

スポンサードリンク

Category 日記

続・夫婦道の続・夫婦道,あらすじ,第三話のリンクについて

続・夫婦道の続・夫婦道,あらすじ,第三話のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。